ブーツに関する情報が満載!

ブーツを長持ちさせるには手入れが大事

ブーツの場合は合皮で出来ているものはそんなに問題なく使用できますが、革で出来ている物はきちんとした手入れが必要になってきます。
特にブーツは足を覆うようなつくりになっているのでそれだけ湿気がこもりやすいつくりになっています。
湿気はカビや臭いの原因になってしまうので、必ず除去することが大事になってきます。
新聞紙をつめこんで靴箱に入れておくことは効果的な方法です。
また除湿剤を入れておくことも効果的です。
ブラシや汚れ落としを使ってきれいにしてから靴クリームなどで保護することが大事です。
また革は水に大変弱いですから防水スプレーを使うことで保護することが出来ます。
またロングブーツに関しては型崩れがおきないようにシューキーパーを使うといいです。
カビをもっとも避けなければいけないので、しっかりと陰干しをして乾燥させてから保管することが重要です。
カビを防ぐことが出来るミストなどもありますから、使用してから保管することもいい方法です。

ブーツは手入れを怠らないこと

寒くなってくると靴棚から出すのがブーツですが、一年収納しておいたらカビが生えていた、汚れが目立って履けなくなってしまったという方はいませんか。
暖かくなってきてブーツを片付ける際、しっかり汚れを落とし、靴磨きをしておかなければ、次のシーズンに履けなくなってしまいます。
特に本革に関しては水分が残っていると、変形や変色の原因になります。
まずは天気がいい時に風通しのいい場所で、水分をしっかりとった後、ブラシで汚れを落とし、靴墨やクリームなどで光沢が出るまで磨いてから収納しましょう。
また、次に履く機会までの間、たまにでいいので靴棚から出して手入れしておきましょう。
忘れてはいけないのが、靴棚の中に脱臭剤や除湿剤を入れておくのをお忘れなく。
他のお気に入りの靴の持ちも良くなりますので、一番大切な手入れ方法と言えるでしょう。
もし、まだブーツの手入れをしていないようなら今からでも遅くありませんので、早速外に出してみましょう。

Favorite

オンライン 英会話

2018/5/11 更新